マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

みちのく風ゴーヤーチャンプルー 野菜のおかず

みちのく風ゴーヤーチャンプルー

沖縄料理《ゴーヤーチャンプルー》と“みちのく”凍り豆腐の合作!
豊富なビタミン C を含むゴーヤはキャベツの 4 倍に相当するビタミン C を含み、加熱後もほとんど減少しないというすぐれもの。脂肪燃焼効果からダイエットにも良いと評判です。

材料

  • ゴーヤー … 1 本
  • 凍り豆腐 … 4 枚
  • ポークランチョンミート(豚肉でも OK )
    … 1/2 缶( 200 グラム)
  • 卵 … 2 個
  • 削り節 … 半カップ
  • 塩 … 適量
  • 砂糖 … 少量
  • 醤油 … 少量
  • ラード(サラダ油でも可) … 適量
  • だしの素 … 適量

作り方

  1. 凍り豆腐をお湯につけて柔らかくしておく(柔らかくなったら二分の一に切る)
  2. ゴーヤーを縦半分に切り、スプーンで中を取り除く。厚さ 3 ミリの半月型に切って塩でもむ。
  3. ポークランチョンミートは 3 〜 5 ミリの短冊に切る。卵を割って器に入れ軽く溶く。ゴーヤーが少ししんなりしたら、軽く水洗いして塩分を落とし、軽くしぼっておく。
  4. フライパンを強火で熱して油を引く。ポークを入れて炒める。
  5. ポークに熱が通ったらゴーヤーを入れて炒める。だしの素、塩、砂糖を入れ味を調える。水をしっかり切った凍り豆腐を入れてさらに炒める。
  6. 溶き卵を回し入れ、半熟やや固め、醤油をまわしかけて香りつけ。削り節をまぶして出来上がり。

ポイント

島豆腐や木綿豆腐を使ったゴーヤーチャンプルーは、最初に豆腐を入れて炒めますが、このレシピでは、凍り豆腐を後で入れます。これは出来上がった味をしみこませるためです。“凍り豆腐”を使うと豆腐の水切りをしなくともよく、炒めたときに崩れてしまう心配も無く新しい味覚の凍り豆腐を楽しめますのでぜひお試しください。多めの油と強い火力ですばやく調理するのがコツです。

レシピ一覧へ

ページトップへ