マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

ギャバ

【ギャバとは】

哺乳類動物の脳にはγ-アミノ酪酸(ガンマ-アミノブチリル酸; GABA ;ギャバ)が多く含まれていることが知られていました。
1950 年に哺乳類動物脳から抽出されてから、多くの研究がなされ、中枢神経系における代表的な抑制系の神経伝達物質であることが明らかにされました。
近年では抑制神経伝達物質としての作用の他に、他の生理作用や類似化合物の研究がなされています。また健康食品市場においても「発芽玄米」の有効成分の一つとして注目を集めています。

【ギャバの生理作用】

ギャバは刺激に応じて放出され、神経伝達作用だけでなく、血圧上昇抑制作用、精神安定作用、腎・肝機能活性化作用、抗がん作用、アルコール代謝促進作用、消臭効果作用、肥満防止作用などが報告されています。すべての作用について科学的に十分に証明されているわけではありませんので、今後の研究で明らかになることが期待されています。

【 GABA (ギャバ)とは−その2−】

発芽玄米の登場とともに脚光を浴びている成分、通称 GABA (ギャバ)。
正式名称は「ガンマ−アミノ酪酸」。アミノ酸の一種ですが、たんぱく質を形作っている 18 種類のアミノ酸とは異なり、特に哺乳動物の脳や脊髄に存在します。
ギャバは体内で主に抑制系の神経伝達物質として脳内の血流を活発にし、酸素供給量を増やしたり、脳細胞の代謝機能を高めるはたらきがあることがわかっています。このため、脳内のギャバが不足するとイライラするのをはじめ、さまざまな体調不良を招いてしまうのではないかといわれています。

■血圧を下げる
ギャバには、血液中の塩分をろ過する腎臓のはたらきを活発にし、利尿作用を促すことで血圧を下げるはたらきがあります。このため高血圧の予防に効果があるとされています。
■中性脂肪を抑える
ギャバが内臓のはたらきを活発にして消費エネルギー量を高める一方、血液中のコレステロールや中性脂肪をコントロールし、脂質代謝を促すことがわかっています。
■肝臓・腎臓のはたらきを高める
腎臓のはたらきを活発にして血圧を下げるばかりでなく、ギャバには肝臓のはたらきを促す効果もあるといわれます。このためアルコールの代謝も速くなるとされている。
■神経を鎮める
ギャバは、脳内で抑制系の神経伝達物質としてはたらく成分です。このため、ギャバを摂ることでイライラなどをやわらげる効果があります。実際、パニックや不安の状態にある人の脳脊髄液を調べたところ、ギャバが著しく減っていたという実験結果わかりました。これらのことから睡眠障害、自律神経の失調、うつ、更年期の抑うつや初老期の不眠といった症状の改善にも効果が期待されています。

玄米と発芽玄米

玄米は栄養分を蓄えて休眠状態を保ちながら発芽時期を待っている種子の役割を持っているお米で、胚芽に必要なビタミンやミネラルなど豊富に含む栄養価の高い食品です。
その玄米に水分を浸透させ、温度などの条件が整うと胚芽中の酵素が活性化し、胚乳に貯えられているデンプン、タンパク質、脂質が分解され、発芽のエネルギーに使われます。
0.5 〜 1 mm程度発芽した段階で、これ以上発芽しないように処理したものが発芽玄米です。
この時、グルタミン酸からギャバが生成されます。
その含量はもとの玄米に含まれている量の 3 - 5 倍にも増加します。
また、発芽処理によって、玄米中では吸収されにくかった、鉄、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル類の吸収も良くなります。
アミノ酸は旨み成分へ、デンプンは甘味成分へと変化します。

お米にまつわる話一覧に戻る

ページトップへ