マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームと腎臓病

最近テレビや新聞でよく見聞きする「メタボ」「糖尿病」等々知っているようで、説明しづらい言葉の解説のページです。

「どうして腎臓病に蛋白質はいけないの?」普段の食生活なら「良質の蛋白質を摂取しましょう!」なのに・・・そんなさりげない疑問の解決に作りました。

*一般的な概論ですので詳しい数値等々お医者様にご相談、ご確認下さい。

メタボリックシンドロームの基準

動脈硬化性疾患(心筋梗塞や脳梗塞など)の危険性を高める複合型リスク症候群を「メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)」という概念のもとに統一しようとする世界的な流れの中、「日本肥満学会」「日本動脈硬化学会」「日本糖尿病学会」「日本高血圧学会」「日本循環器学会」「日本腎臓病学会」「日本血栓止血学会」「日本内科学会」の8学会が日本におけるメタボリックシンドロームの診断基準を発表する。

【診断基準】(2005年4月公表)

ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上を「要注意」

  1. 血清脂質異常(トリグリセリド値150mg/dL以上、またはHDLコレステロール値40mg/dL未満)
  2. 血圧高値(最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上)
  3. 高血糖(空腹時血糖値110mg/dL)

上記3項目のうち2つ以上を有する場合をメタボリックシンドロームと診断する

注意事項

肥満の解消・不規則な生活をしない

  • まとめ喰い・早食い
  • 運動不足
  • 栄養のバランスが悪い

食事制限を含む食習慣の改善をする

  • 糖質を控える
  • 間食・夜食はとらない
  • カロリーのとりすぎに注意
  • アルコール制限
  • 水分を十分とる
  • 規則正しい食事をする
  • 野菜(食物繊維)を十分摂取する
  • 海藻類をとる

運動は適度に継続的する

  • 適度な運動を1週間に3回以上継続して行う
  • 階段は3階ぐらいまでは自分で歩く
  • 楽しみを発見して生活の中で歩く習慣を心がける

『メタボリックシンドロームとは』

日本人の三大死因は「がん」「心臓病」「脳卒中」です。心臓病と脳卒中を合わせた循環器病を引き起こす原因は「動脈硬化」です。
(動脈硬化の危険因子といえばコレステロールが有名です)
最近では、肥満(特に内臓のまわりに付着した脂肪)がさまざまな生活習慣病を引き起こし、それらの重なりが「動脈硬化」を起こすことがわかってきました。
生活習慣病とよばれている主な疾患に「肥満症」「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」などがあります。
これらの疾患は個々の原因で発症するというよりも「肥満」特に内臓に脂肪が蓄積した肥満が原因であると考えられています。
内臓脂肪蓄積により、さまざまな病気が引き起こされた状態を『メタボリックシンドローム』と呼びます。

糖尿病の種類

糖尿病の種類

1 型糖尿病

膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた。

2 型糖尿病

インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがある。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。日本の糖尿病の 95 %以上はこのタイプである。

妊娠糖尿病

妊娠中に発見された糖尿病。新生児に合併症が出ることもある。

その他

  • 遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの
  • 遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などのほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるもの。薬剤が原因となる場合もある。

糖尿病に起因する症状

糖尿病神経障害

中心となる末梢神経障害の足や手の症状の出かたはさまざまです。他に筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツなど、さまざまな自律神経障害の症状も現れます。

糖尿病網膜症

目の底にある網膜の血管が悪くなり、視力が弱まります。中には失明する場合もあります。また、白内障になる人も多いといわれています。

糖尿病腎症

尿を作る腎臓の、糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、しだいに尿が作れなくなります。悪化すると週に 2 〜 3 回人工透析療法を行い、機械で血液の不要な成分をろ過しなければなりません。

糖尿病の悪化による慢性腎不全

血糖コントロールの悪い状態が長期間続くと、色々な合併症が現れますが、腎臓の障害は糖尿病性腎症と呼ばれます。糖尿病になり 10 年以上経過すると発症しやすくなり、蛋白尿が出始めると危険信号です。高血圧もしっかりとした治療をしないと、腎臓の障害はますます進行する事になります。やがて全身に浮腫が現れるようになり、腎臓の働きが低下して腎機能障害となり、透析療法が必要になってしまいます。

糖尿病から透析治療に移行する事になると、糖尿病食から透析食に変更する必要が出てきます。透析治療を受けている方は栄養不良になりやすいので、カロリーをやや多めにとる必要が出てきます。日常生活については、 疲労の残らない程度の生活を行うよに心がけることが大切です。(仕事や家事などについても同様です。)適度な運動はストレス解消と体力の維持のためにも望ましいことですが、激しい運動は疲労の蓄積からみて控えたほうが良いようです。

インスリンとは

からだの中で唯一血糖を下げるホルモンで、食後に血糖が上がらないように、調節するはたらきがある。それに、血液中のブドウ糖をからだの細胞に送り込んで、活動エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンというものに変えて、エネルギーとしてたくわえておくようにするはたらきもある。
インスリンが不足したりうまく作用しないと、ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなって、血液中のブドウ糖が使えなくなってしまう。筋肉や内臓にエネルギーが運ばれず、全身のエネルギーが足りなくなってしまう。

メタボリックシンドロームの食事療法

たんぱく質の制限

脂質や糖質と異なり、たんぱく質が代謝されると老廃物(窒素化合物)が残ります。この老廃物は腎臓でろ過されて尿中に排泄されるため、大量にたんぱく質をとると腎臓の負担が増え、ますます腎機能を悪化させることになります。そのため、腎臓病ではたんぱく質の制限が必要になります。

腎臓病の食事療法では、たんぱく質を含む食品と、たんぱく質を含まずにエネルギー源となる食品に大きく分け、それぞれの栄養素でグループ分けした食品交換表をもとにメニューを考えます。

カリウムの摂取と制限

通常は腎臓や副腎の働きにより、摂取したカリウムの大半は尿や汗などで体外へと排出され、体内での一定の濃度を保つよう調節されています。カリウムを多めに摂取した場合には、多めに排出して、少なめの摂取なら排出量も少なくなります。
しかしながら、腎臓の機能が低下している場合は、排泄機能が十分に働かないため、カリウムが体内に蓄積し「高カリウム血症」を招いてしまいます。高カリウム血症とは不整脈や血圧の低下、最後には心拍停止などの重篤な症状を引き起こしかねない病気です。
医師によりカリウム制限を指示された場合は、カリウムの制限を守るようにしてください。

  1. いも類は、小 1 個( 50g)まではゆでこぼさなくてもよいが、他に重なる場合は、ゆでこぼす。
  2. 果物は全般的にカリウムを多く含む。特にアボカド、メロン、バナナ、ドライフルーツは避けたほうがよい。缶詰の果物はシロップの中にカリウムが溶け出しているので、シロップは飲まない。 1 日にとる果物は、みかん 1 個またはりんご半分程度にする。
  3. 煮豆類は避ける。納豆を除く大豆加工品(豆腐、油揚げなど)はカリウムが比較的少ないので、メニューに入れてよい。
  4. 干物類(丸干し、煮干し、かつお節など)は少量にする。
  5. 昆布巻きなど、大量に海草を使う食品は食べないようにする。
  6. インスタントコーヒーは薄めに入れる。玉露、抹茶はカリウムが多いので避ける。症状に応じて、カリウムのほか、リン、水分の制限が必要になることがあるので、医師や栄養士の指導のもと正しい食事療法を進める。

カリウム量に注意が必要な食品例

きなこ ポテト・チップス インスタントコーヒー 海草類 枝豆 抹茶 チョコレート ナッツ類

塩分の制限

塩分は血液の浸透圧を保つために大切な反面、腎臓の機能が低下すると塩分(ナトリウム)や水が尿として排泄できなくなり、むくみの原因となります。また、高血圧も塩分のとりすぎによって起こります。塩分制限が不十分であると、利尿剤の効果が半減してしまうといわれています。

腎臓の病気

腎臓の病気

慢性腎不全

腎臓には、尿を生成する事により血液を浄化するろ過装置としての機能があります。腎不全とは、何らかの原因によって腎機能が低下して、腎機能が元に戻らなくなった状態の事を慢性腎不全といいます。慢性腎不全は、腎機能が 30 %くらいまで低下しないと、自覚症状が現れてこないので、気がついた時には病状が進行してしまっている事が多く、早期発見が難しい病気とも言われています。腎不全が進行してくると腎臓は体内の老廃物を充分排泄する事が出来なくなるため、毒素が身体の中に溜まってしまい尿毒症と呼ばれる症状になってきます。さらに腎不全が悪化すると人工透析が必要になってしまいます。

慢性腎不全は手術や薬によって治す事の出来る病気ではないため、いかに腎不全の進行を遅くして透析の導入を少しでも遅らせる事が出来るかが重要になります。そのために必要なのが食事療法と言われる治療法です、食事療法とは食事のタンパク質の摂取量を減らす事で腎臓機能が低下する事を遅らせるというものです。

尿毒症

食欲不振、吐き気、下痢などの消化器症状、視力障害、全身倦怠感、呼吸困難、皮膚や口の中などの出血、意識障害、イライラ感、頭痛、むくみ、眠気、動悸、息切れ、息苦しさ、高血圧、めまい、手足の痙攣、かゆみ、などがあります。
(腎不全により尿毒症となった場合の症例)

人工透析治療

慢性腎不全が進行し、腎臓の機能著しく低下した場合に行われる血液を浄化するための治療。 血液透析と腹膜透析の 2 種類の透析方法があります。(一般には血液透析の事を指す事が多い)

日本では人工透析治療を行っている人の約 96 %が血液透析治療を受けています。血液透析治療は、通常一般的に週 3 回 1 回につき 4 時間、透析療法を行っている施設に通って治療します。

ページトップへ